電気ライフ┃電気で温める電熱ヒーターや電子ブレーカーを取り入れる

エアコン

電気代を削減する

電子ブレーカーと電気料金の概要

電気料金の契約種別に低圧電力というようなものがあります。具体的には分譲マンションやスーパーなどの店舗や工場などが該当します。昔はこのような場合の電気料金の契約は機械式ブレーカーを使用し、例えばエレベーターやポンプ、機械式駐車場などそれぞれの電力を単純に加算して、その加算数値以上の電力で契約するのが一般的であったといえます。この契約状態では当然ブレーカーが通常時に動作することはありません。しかしエレベーター等の負荷電流は限られた時間にしか流れないため、実際に流れる負荷電流と契約電力に相当する電流は乖離している場合もあるのです。そしてそのような場合には契約数値が大きいものがあったといえます。このような乖離をなくす方法として機械式に対して電子ブレーカーを導入する方法が採用されることとなったのです。電子ブレーカーは機械式のものに比べてより実態電流に近い数値で作動するものです。そしてこの電子ブレーカーを採用した場合、電気料金の低減が実現できるたくさんの事例もでてきているのです。そのために電子ブレーカーを採用するマンションや店舗などが増えてきているのです。

電気料金低減のための機器導入

機械式ブレーカー採用時の契約電力に対して実態の電流が大きく乖離していなければ電子ブレーカーを採用するいみはありません。そのため電子ブレーカーを採用する事前作業として負荷電流の実態を把握しなければならないのです。この作業は専門の業者に依頼して数値把握することとなります。実際には電子ブレーカーを販売する専門業者が負荷電流の測定をおこなっているのが実情です。例えば分譲マンションなどで電気料金が高額ではないかと考えられる場合は管理組合として電子ブレーカーを販売する実績のある業者を探して機器導入のメリットがあるのか調査依頼するとよいといえます。実績のある業者であれば具体的に電流の測定をおこないメリットがあるのかないのかを説明してくれるのです。その結果を受けて電子ブレーカー採用をきめればよいということになるのです。

Copyright© 2015 電気ライフ┃電気で温める電熱ヒーターや電子ブレーカーを取り入れる All Rights Reserved.